AM3ブレーカ外径加工用 | CNC自動旋盤向け

切屑処理、刃先強度を両立したモールドブレーカ

抜群の刃先強度と切屑処理性で安定加工を実現

「刃先強度」「切屑処理性」に優れ、24時間連続機械稼働を支援

紹介動画

性能

  • 切込み ap=0.5 - 2.0mmに対応
  • 刃先強度に優れ、安定化抜群
  • さらい刃付きTFDタイプでサイクルタイムと加工面粗さを両立

適用アプリケーション

CNC自動旋盤 外径加工

AM3切屑処理範囲

加工条件

表を横にスクロール →

コート材質 被削材 加工方法 切削速度 (m/min) 送り (mm/rev) 切込み (mm)
ST4 ステンレス 外径旋削加工
連続
50 - 120 0.03 - 0.15 0.5 - 2.0
QM3 合金鋼/炭素鋼/高硬度材
DM4/DT4 難削材/チタン合金 30 - 100
TM4 非鉄/アルミ/プラスチック/汎用  50 - 120

切れ刃形状

①中切削~仕上げまでの広範囲な加工に適したドット形状
②シャープエッジで切れ味良好

高送り加工でも面粗度維持-さらい刃付きインサート TFDタイプ

A. 従来工具の場合、面粗度維持の為、送り速度を下げると切屑が伸びて切屑処理性が悪くなります。
B. かといって、送り速度を上げると、面粗度が悪くなります。
C. TFDタイプで高送り加工でも、切屑処理性と面粗度を両立
※TFDインサート使用時は、SDJC型ホルダ(切れ刃角93°)を使用ください。

加工事例

前挽き加工
被削材:
SUS440C
切削速度:
55 m/min
送り:
0.04 mm/rev
切込み:
0.4 mm

900ヶ定数加工後の寸法変化量において、他社品は0.041㎜、DM4は、0.02㎜と半分の寸法変化量と、安定した加工を実現した。

前挽き加工
被削材:
SUS304
切削速度:
30 ~ 80 m/min
送り:
0.015 mm/rev
取り代:
0.15 mm
DT4 TFD11FR05AM3

1,500個 / コーナ

従来工具

700個 / コーナ

従来工具は500ヶ加工時の面粗度Ry10.2μm、初期に溶着による寸法変化0.1mm発生しその後安定。
DT4は初期に寸法変化無く1000ヶ加工まで補正不要、面粗度はRy2.3μm.

ラインナップ

カタログを見る

ラインナップは製品カタログにてご確認ください