金属積層造形ワーク加工金属積層造形ワーク 粗加工用 | サイアロン系セラミック

金属積層造形ワーク加工向け材質

金属積層造形ワーク(ニッケル基合金)のスピーディな粗取り加工を実現

超硬工具比、約10倍の高速加工が可能

紹介動画

性能

  • 付加造形されたニッケル基合金を高能率で切削加工可能
  • 耐欠損性重視のセラミック材質を採用
    高速かつ安定加工を実現
  • フライス、エンドミル加工用工具をラインナップ

適用アプリケーション

ニッケル基合金により積層造形されたワーク
フライス加工 / エンドミル加工 粗加工向け

材質別特性

加工条件

表を横にスクロール →

材質 被削材 加工方法 工程 切削速度(m/min) 送り(mm/rev) 切込み(mm) 切削油
SX3 / SX9 積層造形ワーク (ニッケル基合金) フライス 粗加工 450 - 1,000 0.07 - 0.12 - DRY
SX9 エンドミル 300 - 1,000 0.05 - 0.1 -

エンドミル加工

ヘリカルミーリング加工

切削加工前・加工後ワーク比較 ①

超硬工具で約8分かかる加工をセラミック工具により約1分に短縮。

切削加工前・加工後ワーク比較 ②

超硬工具比、約20倍の高能率加工を実現。

ラインナップ

ラインナップは製品カタログにてご確認ください