TBP/TBPA-BMブレーカ後挽き加工用 | CNC自動旋盤向け

独自ブレーカで切屑によるツバ裏面荒れ防止

1パス加工で綺麗な加工面を実現

切屑噛みこみを防ぐため、2パスに分けていた加工工程を1工程に集約可能
C/T短縮とツール本数集約に最適

紹介動画

性能

  • 1パス加工で綺麗な加工面を実現
  • 縦置きインサートとスクリュクランプにより高剛性
  • 刃先のさらい刃により高送り条件下でも面粗さ安定

適用アプリケーション

CNC自動旋盤 後挽き加工

TBP/TBPA-BM切屑処理範囲

加工条件

表を横にスクロール →

コート材質 被削材 加工方法 切削速度 (m/min) 送り (mm/rev) 切込み (mm)
ST4 ステンレス 後挽き加工 50 - 120 X 方向: 0.01-0.03
Z 方向: 0.03 - 0.04

TBP-BM : 0.5-3.5

TBPA-BM : 0.5-5.5  

DM4 難削材/チタン合金
合金鋼/炭素鋼/高硬度材
X 方向: 0.01-0.03
Z 方向: 0.03 - 0.08
TM4 非鉄/アルミ/プラスチック/汎用 X 方向: 0.01-0.03
Z 方向: 0.03 - 0.08

BMブレーカ

①切屑によるツバ裏面荒れ防止
②さらい刃を設定、良好な加工面を実現

切削性能

[ 切削条件 ]
被削材:SUS304 φ16   vc=80m/min   f (x)=0.02mm/rev   f (z)=0.08mm/rev   ap=3.0mm   WET
[ 使用工具 ]
ホルダ:TBPR12 インサート:TM4 TBP72FR10M-BM

加工事例

スタッド加工
被削材:
SUS430F
切削速度:
50 m/min
送り:
0.05 mm/rev
切込み:
2.0 mm
TBP-BM

①1PASS加工 ※溝入れ・粗/ 仕上げ加工不要!

他社

①粗 :溝入れ加   ②仕上:後挽き加工

従来の後挽き工具は、粗/仕上加工と2工程に分けて加工していた。
NTK-BMブレーカは、1PASSでの一発加工により、サイクルタイム短縮と、 独自ブレーカ採用による抜群の切屑処理性を発揮した。
切屑によるツバ裏面荒れを抑制し、高品位な加工面を得ることができた。

ラインナップ

カタログを見る

ラインナップは製品カタログにてご確認ください