モーグルバー内径加工用| CNC自動旋盤

内径加工のお悩みをスイスイ解決

切屑を手前に排出可能な高剛性ボーリングバー

切屑を手前に排出する独自ブレーカとの組み合わせで内径加工の様々なトラブルを解決
新設計ホルダ形状により、剛性が大幅に向上

紹介動画

性能

  • 従来ボーリングバーに比べホルダ剛性が大幅に向上し、ビビリを防止
  • 止まり穴加工に最適な「F1, F05, FGブレーカ」ブレーカを設定
    切屑を手前に排出させることで、切屑詰まりを抑制
  • 内部給油加工に対応し、よりスムーズな切屑排出をサポート

適用アプリケーション

CNC自動旋盤 内径加工

切屑処理範囲

加工条件

表を横にスクロール →

コート材質 被削材 加工方法 推奨突出し量 切削速度 (m/min) 送り (mm/rev) 切込み (mm)
ST4 ステンレス 内径加工
内径後挽き加工
鋼シャンク ~5D
超硬シャンク ~7D
40 - 120 0.02 - 0.2 0.1 - 1.0
QM3 合金鋼/炭素鋼/高硬度材 50 - 150
DM4/DT4 難削材/チタン合金 30 - 70
TM4/ZM3 非鉄/アルミ/プラスチック/汎用 50 - 200

高剛性

[ 切削条件 ]
被削材:合金鋼・ステンレス鋼 vc = 80m/min f=0.05-0.1mm/rev ap=0.1-0.5mm WET

切屑を手前に排出

切屑を手前に排出し、ワーク内に残さない!
※これらのブレーカは右勝手のホルダに右勝手のインサートをご使用下さい。

FG/F05/F1ブレーカの特長

[ 切削条件 ]
被削材:SCM415 加工径φ12  加工深さ 20mm vc = 80m/min WET(外部給油)
[ 使用工具 ]
ホルダ:鋼シャンク S10KSTUPR11D12-OH インサート:TPGH110304タイプ
※FG・F1・F05ブレーカ使用の際は、右勝手のホルダには右勝手のインサートをご使用ください

切屑処理性能

図を横にスクロール →

[ 加工条件 ]
被削材:SCM435 vc = 80m/min f = 0.05㎜/rev ap = 0.25㎜ 加工径:φ10 外部給油 突出し量:L/D = 4 加工深さ:20㎜
[ 使用工具 ]
ホルダ:S08H-STUPR09D10-OHタイプ使用(最小加工径:φ10)  シャンク径:φ8 インサート:TPGH090204タイプ

加工事例

バルブ加工
被削材:
SUS304
切削速度:
80 m/min
送り:
0.05 mm/rev
切込み:
0.2 ~ 0.5 mm
ホルダ:
S08H-STUPR09D10-OH
インサート:
TPGH090202RFG
モーグルバー
+TM4 FGブレーカ

1,500個

他社品

700個

他社品では切屑詰りによる欠損が発生し、寿命が安定していなかったが、 モーグルバーとFGブレーカのコンビネーションにより切屑が手前に排出 され安定加工となり、2.1倍の寿命延長が可能となった。

スリーブ加工
被削材:
SUM43
切削速度:
75 m/min
送り:
0.05 mm/rev
切込み:
0.1 mm
ホルダ:
C06H-SCLPR04D07-OH
インサート:
CPGH04102FRF1
モーグルバー
+TM4 F1ブレーカ

900個 

従来品

500個

突出し量9Dを超える加工の為、他社品では大きなビビリが発生していた。
高剛性を有しているモーグルバーと切れ味抜群のF1ブレーカのコンビネーション によりビビリを抑制することが可能となり、1.8倍の寿命延長を達成した。

ラインナップ

ラインナップは製品カタログにてご確認ください