SHAPER DUO ソケット穴加工用| CNC自動旋盤

ソケット穴加工がCNC自動旋盤で可能に

六角、四角、ヘクサロビュラ穴加工が専用設備不要・低コストで実現

自動旋盤背面主軸を活用し、幅広いソケット穴加工が可能

紹介動画

性能

  • 四角穴、六角穴、ヘクサロビュラ穴加工に対応
  • ブローチ加工に比べ切削抵抗が低く、剛性の弱い小径ワーク加工に最適
  • 1つのサイズで幅広いソケット穴寸法の加工が可能 特殊品、少量品加工に最適

適用アプリケーション

CNC自動旋盤 ソケット穴加工

対応可能なソケット穴タイプ

六角穴、四角穴加工比較表

表を横にスクロール →

  切削抵抗 サイクルタイム 柔軟性 費用
 

Shaper Duo


*オーバーラップ加工で
解消可能!
非常に低抵抗
特に径が小さい部品に
一つのサイズでいくつかの穴を加工できます
ブローチ  ○  △ 穴の大きさに合わせた工具が必要です

ヘクサロビュラ穴加工(6-LOBE穴)加工比較表

表を横にスクロール →

  切削抵抗 サイクルタイム 費用 高速スピンドル
プログラミング
 

Shaper Duo

不必要 簡単 高速スピンドル不要
サイクルタイムの短縮
エンドミル  ╳  必要 複雑 高速スピンドルが必要
作業工程に時間がかかる

加工手順

図を横にスクロール →

[ 推奨切削条件 ] 送り速度 F4000~F1000(㎜/min) 切込み(径)0.05~0.01㎜  粗0.025㎜で切込み、仕上げで0.005㎜(1 ~2回)切込めば綺麗に仕上がります。

インサートセット方法

①インサート取付

  • ホルダのDカット面とインサート側面が平行になるようにします。

②平行確認

  • Dカット面がXまたはY軸に対し平行かお確かめください。
  • ホルダの突出し量は最小限にします。

③心高さ確認

  • 1角のみを加工する際、面取り加工せずに下穴より大きめに加工します。
    * 切込み量を大きくするとインサートの欠けの原因になりますので加工パス数を増やしてください。(推奨:0.025mm×5パス) 面取り加工は必要ありません。
  •  拡大鏡又は比較測定器を使い、[a]と[b]ともに長さを測ります。
  •  ホルダを回転させて[a]と[b]の心高さが同程度になるまで調節します。
    ([a]と[b]の差は0.02mm以下を目安として下さい
    * 切込み数を増やしても段差が見られた場合は、もう一度最初からやり直してください。 その時にインサートとスリーブが正しくセットされているかをお確かめください。

④ 六角穴全加工

  • ヘクサロビュラ穴(6︲LOBE穴)加工は六角穴用と基本的には同じ

加工事例

六角穴加工
被削材:
SUS303
送り:
2,000 m/min
切込み:
粗 0.025㎜
切込み:
仕上 0.005㎜
切削油:
WET
TM4 SSP030N1940H

10,000個/ コーナ

他社超硬インサート
300個 / コーナ

他社品は六角頂点がすぐに丸くなり低寿命。
NTK品は優れた研磨技術と、TM4コーティングを採用することで、以下の効果を得ることができた。
①六角頂点が長寿命でピン角を維持。②補正回数の減少。③良好な加工面。

シェーパー加工プログラム例

シェーパー加工プログラム例を見る

加工プログラム例は製品カタログにてご確認ください

ラインナップ

ラインナップを見る

ラインナップは製品カタログにてご確認ください