GEN3シリーズ穴あけ加工| コーテッド超硬チップ

高速・高送りにて高能率加工を実現
良好な切屑処理により安定加工を実現

耐摩耗性に優れたコーテッド超硬チップとオリジナルブレーカ形状で、
高能率穴あけ加工を実現

加工径φ11.0~φ35に対応するチップを標準化
最大加工深さ「12D」までの深穴加工に対応

特長

  • 高速加工による高能率穴あけ加工を実現
  • 被削材毎に最適なブレーカをラインナップ
  • ホルダ先端からのクーラント供給により、切屑を排出
  • 切屑を分断するためのステップ送りは不要

適用アプリケーション

各種被削材 穴あけ加工

被削材毎に最適なブレーカにより良好な切屑排出を実現

対応刃径と加工深さ

❶低抵抗型の刃先形状

安定した高速加工が可能

❶大きくとった切屑ポケット
❷求心性に優れるXシンニング
❸低抵抗型の刃先形状
❹ラジアルレーキ角(半径方向すくい角)

加工用途に応じた刃先処理

表を横にスクロール →

加工事例

自動車ブレーキ部品(φ15×87mm, 6D)
被削材:
FCD600
切削速度:
28 m/min
送り:
0.48 mm/rev
寿命:
14穴
切削油:
WET
NTK

153mm/min

他社ハイスドリル

41mm/min

従来工具より加工能率が3.7倍と大幅に向上したことに加え て、ステップ送りを無くすことで、加工時間が1/11以下と なった。

汽車部品(φ27×135mm, 5D)
被削材:
SS400
切削速度:
80 m/min
送り:
0.18 mm/rev
ステップ送り :
NTK:無
他社:有
切削油:
WET
NTK

170mm/min

他社チップ交換式超硬ドリル

80mm/min

従来工具に比べ、加工能率が2倍以上に向上した。
従来工具に比べ、寿命が2倍に向上した。

加工条件

ラインナップ

カタログを見る

ラインナップは製品カタログにてご確認ください